hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP
  • No : 2177
  • 公開日時 : 2017/11/20 00:00
  • 更新日時 : 2018/10/22 09:20
  • 印刷

【コスパノン】 薬効薬理について教えてください。

【コスパノン】 

薬効薬理について教えてください。

カテゴリー : 

回答

1.COMT 阻害による鎮痙作用

本薬の鎮痙作用と鎮痙機序を、イヌ、モルモット及びラットにて検討した結果、消化管平滑筋とともに膵胆道、尿路系平滑筋の痙縮緩解作用を示しました。その作用機序は、COMT(Catechol‐o‐methyl‐transferase)阻害によるアドレナリン作動性作用と、抗セロトニン作用に基づくものとされました。(①②)


2.オッジ筋の機能異常改善作用

本薬4,8,16,32mg/kgをイヌへ静注したところ、全ての用量でオッジ筋を弛緩させ、胆汁・膵液の十二指腸への排出を促進して膵胆道内圧を低下させました。(③)

 

【引用】

・コスパノン錠40mg・錠80mg 添付文書 2007年10月改訂(第7版) 【薬効薬理】

・コスパノンカプセル40mg 添付文書 2018年4月改訂(第9版) 【薬効薬理】


文献請求番号

①井上俊一ら: 現代の臨床, 1, 764 (1967) CSP-0043

②市河三太ら: 日本平滑筋学会雑誌,4, 151 (1968) CSP-0046

③勝井五一郎ら: 応用薬理,3, 113 (1968) CSP-0048



【更新年月】
2018年10月

アンケート:ご意見をお聞かせください