hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP

『 テラプチク 』 内のQ&A

32件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 【テラプチク】 どのような薬剤ですか?特徴はありますか?

    本剤は、低下した呼吸循環機能を中枢性に賦活し、呼吸興奮・血圧上昇・脈拍増強により、救急効果をあらわします。 すなわち、低下した呼吸に対しては延髄の呼吸中枢に作用し、呼吸量の増大をはかります。同時に交感神経系への興奮作用による血圧の上昇と心筋収縮力の増強作用を示すため、減弱した循環機能を賦活します。 【引用】 ・... 詳細表示

    • No:532
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2018/12/27 10:07
  • 【テラプチク】 投与時や調製時などで、注意することはありますか?

    ・静注45mg (1)投与経路 静脈内にのみ投与してください。 (2)静脈内投与時 静注する場合はブドウ糖注射液や生理食塩液に稀釈して注入してください。 局所刺激作用として静注時血管外へ漏出した場合極めて激しい疼痛を訴えることがあります。 (3)アンプルカット時 本品はワンポイントカットアンプルであるが、アンプル... 詳細表示

    • No:519
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2019/01/10 11:23
  • 【テラプチク】  重要な基本的注意(定期検査の実施など)の内容は?

    ・静注45mg ジモルホラミンの痙攣誘発作用量は呼吸興奮量よりはるかに大きいが、本剤を過量あるいは急速に静注すると、下記のような症状があらわれることがあります。本剤の投与にあたっては患者の呼吸、血圧、脈拍、覚醒状態、角膜反射などの全身状態を観察しながら、緩徐に静脈内に投与するか、又は糖液、生理食塩液等に希釈して過... 詳細表示

    • No:510
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2018/12/28 08:47
  • 【テラプチク】 作用機序は?

    延髄の呼吸中枢及び血管運動中枢に直接作用し、呼吸興奮、血圧上昇作用を発現します。 【引用】 ・テラプチク静注45mg・皮下・筋注30mgインタビューフォーム2015年8月改訂(改訂第6版)Ⅵ.薬効薬理に関する項目2.薬理作用(1)作用部位・作用機序 【関連情報】特にありません。 【作成年月】2018年1月 詳細表示

    • No:524
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2018/07/18 11:45
  • 【テラプチク・静注】 他剤との配合変化に関する情報はありますか?

    他剤との配合変化については、配合試験成績一覧をインタビューフォーム巻末に掲載しております。詳細は、インタビューフォームをご確認ください。(引用)※インタビューフォームはこちら【引用】・テラプチク静注45mg・皮下・筋注30mgインタビューフォーム2015年8月改訂(改訂第6版) IV.製剤に関する項目 7.他剤と... 詳細表示

    • No:1059
    • 公開日時:2019/01/22 00:00
    • 更新日時:2019/01/25 19:50
  • 【テラプチク】 過量投与時の対処方法は?

    ・静注45mg ジモルホラミンの痙攣誘発作用量は呼吸興奮量よりはるかに大きいが、本剤を過量あるいは急速に静注すると、下記のような症状があらわれることがあります。本剤の投与にあたっては患者の呼吸、血圧、脈拍、覚醒状態、角膜反射などの全身状態を観察しながら、緩徐に静脈内に投与するか、又は糖液、生理食塩液等に希釈して過... 詳細表示

    • No:518
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2018/07/18 11:45
  • 【テラプチク】 重大な副作用の種類と症状は?

    該当しません。 【引用】 ・テラプチク静注45mg添付文書2007年2月改訂(第4版)【使用上の注意】3.副作用重大な副作用 ・テラプチク皮下・筋注30mg添付文書2009年10月改訂(第5版)【使用上の注意】3.副作用重大な副作用 【関連情報】特にありません。 【作成年月】2018年1月 詳細表示

    • No:513
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2019/01/16 11:41
  • 【テラプチク】 腎機能障害の患者様に関する注意事項は?

    設定されていません。 【引用】 ・テラプチク静注45mg添付文書2007年2月改訂(第4版)【使用上の注意】 ・テラプチク皮下・筋注30mg添付文書2009年10月改訂(第5版)【使用上の注意】 【関連情報】特にありません。 【作成年月】2018年1月 詳細表示

    • No:522
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2018/07/18 11:45
  • 【テラプチク】 使用期限は何年ですか?

    3年 【引用】 ・テラプチク静注45mL・皮下・筋注30mgインタビューフォーム2015年8月改訂(改訂第6版)Ⅹ.管理的事項に関する項目2.有効期間又は使用期限 ※お手元のエーザイ製品の製造番号から使用期限を検索できます。  使用期限検索サイトはこちら お探しの情報が見つからない場合やご不明な点は、hhcホット... 詳細表示

    • No:529
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2018/12/19 09:57
  • 【テラプチク】 臨床成績は?

    ・静注45mg 1.麻酔剤による呼吸衰弱及び循環機能低下に対する効果 本剤は、静脈、脊椎、及び吸入麻酔剤によって起こる呼吸抑制、停止及び血圧低下などに対して、自発呼吸の回復、分時呼吸量・1回換気量の増加、血圧上昇及びチアノーゼの消失など、呼吸機能の賦活効果に対する有用性が認められています。(①②) 2.新生児仮死... 詳細表示

    • No:523
    • 公開日時:2018/07/06 00:00
    • 更新日時:2018/07/18 11:45

32件中 1 - 10 件を表示