hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP

『 スピロピタン 』 内のQ&A

37件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 【スピロピタン】 重大な副作用の種類と症状は?

    重大な副作用(頻度不明) 1)悪性症候群(Syndromemalin) 無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行ってください。本症発症時には、白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇... 詳細表示

    • No:2589
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/11/11 14:11
  • 【スピロピタン】 肝機能障害の患者様に関する注意事項は?

    肝障害のある患者 〔病状を悪化させるおそれがあります。〕 【引用】 ・スピロピタン錠0.25mg・1mg添付文書2018年3月改訂(第14版)【使用上の注意】1.慎重投与(1)肝障害のある患者 【更新年月】 2019年9月 詳細表示

    • No:2598
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/09/27 17:51
  • 【スピロピタン】 効能・効果は?

    統合失調症 【引用】 ・スピロピタン錠0.25mg・1mg添付文書2018年3月改訂(第14版)【効能・効果】 【更新年月】 2019年9月 詳細表示

    • No:2582
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/09/27 17:35
  • 【スピロピタン】 禁忌とその設定理由は?

    【禁忌】(次の患者には投与しないでください) 1.昏睡状態の患者又はバルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者 〔中枢神経抑制作用を増強させるおそれがあります。〕 2.重症の心不全患者 〔症状を悪化させるおそれがあります。〕 3.パーキンソン病のある患者 ... 詳細表示

    • No:2579
    • 公開日時:2018/05/22 00:00
    • 更新日時:2019/11/11 14:16
  • 【スピロピタン】 簡易懸濁法に関する情報はありますか?

    弊社では懸濁した状態での投与をおすすめしておりません。スピロピタン錠0.25mg・1mgはそのままの形でご服用いただくことを前提に承認されているため、懸濁した状態での有効性、安全性は検討していません。崩壊・懸濁時の安定性データをご用意しておりますので、必要な場合はhhcホットライン(0120-419-497)にお... 詳細表示

    • No:254
    • 公開日時:2018/05/25 00:00
    • 更新日時:2018/06/06 17:40
  • 【スピロピタン】 使用期限は何年ですか?

    3年 【引用】 ・スピロピタン錠0.25mg・1mgインタビューフォーム2018年4月改訂(改訂第12版)Ⅹ.管理的事項に関する項目2.有効期間又は使用期限 ※お手元のエーザイ製品の製造番号から使用期限を検索できます。  使用期限検索サイトはこちら お探しの情... 詳細表示

    • No:2606
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/09/27 18:12
  • 【スピロピタン】 投薬期間に制限はありますか?

    本剤は、投薬(あるいは投与)期間に関する制限は定められていません。 【引用】 ・スピロピタン錠0.25mg・1mgインタビューフォーム2018年4月改訂(改訂第12版)Ⅹ.管理的事項に関する項目15.投薬期間制限医薬品に関する情報 【更新年月】 2019年9月 詳細表示

    • No:2604
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/09/27 18:11
  • 【スピロピタン】 授乳婦への投与に関する注意事項は?

    妊婦、妊娠している可能性のある婦人又は授乳婦には投与しないことが望ましい。 〔他のブチロフェノン系化合物による動物実験で胎児吸収、流産等の胎児毒性が報告されています。妊娠後期に抗精神病薬が投与されている場合、新生児に哺乳障害、傾眠、呼吸障害、振戦、筋緊張低下、易刺激性等の離脱症状や錐体外路症状があらわれたと... 詳細表示

    • No:2592
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/09/27 17:42
  • 【スピロピタン】 薬物相互作用(併用禁忌・併用注意など)について教えて下さい。

    ・併用禁忌(併用しないでください) ・併用注意(併用に注意してください) 【引用】・スピロピタン錠0.25mg・1mg添付文書2018年3月改訂(第14版)【使用上の注意】3.相互作用 (1)併用禁忌(2)併用注意 【関連情報】特にありません。 【更新年月】2018年1月【図表あり】 詳細表示

    • No:2587
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/01/28 11:07
  • 【スピロピタン】 重要な基本的注意(定期検査の実施など)の内容は?

    (1)眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意してください。 (2)本剤は制吐作用を有するため、他の薬剤に基づく中毒、腸閉塞、脳腫瘍等による嘔吐症状を不顕性化することがあるので注意してください。 ... 詳細表示

    • No:2585
    • 公開日時:2018/05/24 00:00
    • 更新日時:2019/09/27 17:37

37件中 1 - 10 件を表示