hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP
  • No : 10547
  • 公開日時 : 2019/06/18 18:18
  • 更新日時 : 2019/08/07 10:05
  • 印刷

【マクサルト】 頓服ではなく、毎日服用しても大丈夫でしょうか?

【マクサルト】 
 
頓服ではなく、毎日服用しても大丈夫でしょうか?
カテゴリー : 

回答

MAXは片頭痛発現時に1回10mgを服用する薬剤であり、効果不十分の場合には前回の投与から2時間以上あけて追加投与できますが、1日の総投与量は20mg以内としてください。連日投与する薬剤ではありません。片頭痛の頭痛発現時に限り服用し、予防的には服用しないでください。
なお、本剤を含むトリプタン系薬剤により、頭痛が悪化することがあるので、頭痛の改善を認めない場合には、「薬剤の使用過多による頭痛」の可能性を考慮し、投与を中止するなど、適切な処置を行うようお願いします。(引用1)
 
【関連情報】(下記「慢性頭痛の診療ガイドライン2013」に、薬剤毎の服用日数基準が記載されています。)
薬物乱用頭痛の診断基準(引用2)
A 頭痛は1ヵ月に15日以上存続する

B ①3ヶ月を超えて、定期的に1ヶ月に10日以上エルゴタミン、トリプタン、オピオイド、または複合鎮痛薬を使用している
  ②単一成分の鎮痛薬あるいは単一では乱用に該当しないエルゴタミン、トリプタン、鎮痛薬、オピオイドのいずれかの組み合わせで合計月に15日以上の頻度で3ヵ月を超えて使用している

C 頭痛は薬物乱用により発現したか、著明に悪化している

【引用】
1)マクサルト錠10mg・RPD錠10mg添付文書 2019年6月改訂(第10版) 【重要な基本的注意】
2)監修 日本神経学会・日本頭痛学会 慢性頭痛の診療ガイドライン2013
Ⅵ薬物乱用頭痛 CQ Ⅵ-1薬物乱用頭痛はどのように診断するか
 
 

【作成年月】

20196

アンケート:ご意見をお聞かせください