hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP

『 テクフィデラ 』 内のQ&A

33件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 【テクフィデラ】 重大な副作用「進行性多巣性白質脳症(PML)」について教えてください。

    テクフィデラ投与後に中等度から重度のリンパ球減少が長期間継続した患者において、PMLの発現が報告されています。テクフィデラ投与開始前及び投与中は少なくとも3ヵ月に1回、リンパ球を含む全血球数の測定を行う必要があります。また、PMLは脳の日和見感染であり、死亡又は重度の障害に至ることがあります。 PMLの症状は、M... 詳細表示

    • No:990
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/10/03 20:02
  • 【テクフィデラ】 どのような薬剤ですか?特徴はありますか?

    (1)再発寛解型多発性硬化症(relapsingremittingMS:RRMS)の1stline治療として、全世界で20万例以上投与されている経口病態修飾薬です。 (2)再発及び身体機能障害の進行に対する抑制効果が示されています。 ・投与開始2年後の年間再発率49%低下(vs.プラセボ、p<0.0001)(海... 詳細表示

    • No:923
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2019/01/16 13:10
  • 【テクフィデラ】 薬剤交付時など取り扱いで、注意することはありますか?

    (1)薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導してください。 〔PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されています〕 (2)服用時 カプセル内容物に腸溶性コーティングを施しているため、服用時にはカプセ... 詳細表示

    • No:915
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2019/01/16 13:23
  • 【テクフィデラ】 使用期限は何年ですか?

    有効期間:4年 使用期限:外箱に表示しています。 【引用】 ・テクフィデラカプセル120mg・240mg インタビューフォーム2018年1月改訂(改訂第1版)Ⅹ.管理的事項に関する項目2.有効期間又は使用期限 【関連情報】特にありません。 【作成年月】2018年8月 詳細表示

    • No:927
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:27
  • 【テクフィデラ】 作用機序は?

    フマル酸ジメチル(DMF)及びその主要な活性代謝物であるフマル酸モノメチル(MMF)の薬力学的反応は、酸化、炎症、及び生体異物ストレスを軽減する重要な細胞防御機構であるNrf2転写経路の活性化を介したものと考えられています。(①、②、③) ①LinkerR.A.etal.,Brain.134(Pt3):678(... 詳細表示

    • No:926
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:27
  • 【テクフィデラ】 食事の影響は?

    <外国人のデータ>(①、②) 健康成人にDMF240mgを空腹時又は食後に経口投与したとき、低脂肪食の摂取は血漿中MMFのAUCとCmaxに影響を与えませんでした。高脂肪食の摂取は血漿中MMFのAUCに影響を与えませんでしたが、Cmaxは38%低下しました。 注)本剤の承認された用法・用量は「通常、成人にはフマ... 詳細表示

    • No:925
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:27
  • 【テクフィデラ】 薬物相互作用(併用禁忌・併用注意など)について教えて下さい。

    ・併用禁忌の薬剤は設定されていません。1) ・併用注意(併用に注意してください)1) ・併用薬の影響2) (1)インターフェロンベータ-1a(外国人データ)① 健康成人にフマル酸ジメチル(1回240mg1日3回経口投与)とインターフェロンベータ-1a(30μg単回筋肉内投与)を併用投与したとき、インターフェ... 詳細表示

    • No:908
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2019/01/16 13:16
  • 【テクフィデラ】 過量投与時の対処方法は?

    過量投与例が報告されています。過量投与時に発現した症状は、潮紅、悪心、腹痛です。本剤を除去するための治療的介入及び解毒剤は知られてないため、過量投与時には、症状に応じた対症療法を行ってください。 【引用】 ・テクフィデラカプセル120mg・240mg 添付文書2016年12月改訂(第1版)【使用上の注意】8.過... 詳細表示

    • No:914
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:25
  • 【テクフィデラ】 禁忌とその設定理由は?

    【禁忌】(次の患者には投与しないでください) 本剤の成分に対し過敏症既往歴ある患者 海外の市販後における使用経験から過敏症が報告され、軽度から中等度の過敏症と本剤との関連性を示す十分な証拠があると評価されています。したがって、フマル酸ジメチル又は本剤の添加物に対し過敏症の既往歴のある患者に対しては禁忌となってお... 詳細表示

    • No:924
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:27
  • 【テクフィデラ】 慎重投与とその設定理由は?

    (1)リンパ球減少のある患者 〔リンパ球減少がさらに悪化するおそれがあります。リンパ球数の減少が6ヵ月以上継続した患者では、進行性多巣性白質脳症(PML)の発症リスクが高まる可能性があります。〕[「重要な基本的注意」「重大な副作用」の項参照] (2)感染症を合併している患者又は感染症が疑われる患者 〔感染症が増... 詳細表示

    • No:906
    • 公開日時:2018/09/20 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:24

33件中 1 - 10 件を表示