hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP

『 アボネックス 』 内のQ&A

36件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 【アボネックス】 禁忌とその設定理由は?

    【禁忌(次の患者には投与しないこと)】 1.本剤の成分又は他のインターフェロン製剤に対し過敏症の既往歴のある患者 2.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照] 3.重度のうつ病又は自殺念慮のある患者又はその既往歴のある患者[「警告」、「慎重投与」及び「重大な副作用」の項参照... 詳細表示

    • No:956
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:28
  • 【アボネックス】 慎重投与とその設定理由は?

    (1)うつ病又は他の精神神経症状のある患者又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがあります(「警告」、「禁忌」及び「重大な副作用」の項参照)] (2)てんかん等のけいれん性疾患又はこれらの既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがあります(「禁忌」及び「重大な副作用」の項参照)] (3)心疾患(狭心症、うっ... 詳細表示

    • No:960
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:28
  • 【アボネックス】 薬物相互作用(併用禁忌・併用注意など)について教えて下さい。

    (1)併用禁忌とその理由 インターフェロン製剤共通の記載です[「警告」2の項参照] (2)併用注意とその理由 (解説) 類薬の記載に基づいて設定しました。インターフェロンは肝チトクロームP450系の肝薬物代謝酵素を阻害することが知られています。 <抗てんかん剤(フェニトイン等)> インターフェロン類は、動物... 詳細表示

    • No:973
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/12/25 16:56
  • 【アボネックス】 重大な副作用の種類と症状は?

    1)うつ病(1.5%)、自殺企図(0.1%)、躁状態(頻度不明)、攻撃的行動(頻度不明) 観察を十分に行い、不眠、不安、焦燥、興奮、攻撃性、易刺激性等があらわれた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行ってください[「重要な基本的注意(定期検査の実施など)の内容は?」の項参照]。 2)アナフィラキシー(頻度不... 詳細表示

    • No:963
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2019/01/28 11:32
  • 【アボネックスペン】 薬剤交付時など取り扱いで、注意することはありますか?

    1.本剤は2~8℃の冷蔵庫に保存し、凍結しないでください。 2.光を避けて保存してください。 3.使用時には、包装箱に入れたまま室温に戻し、7日間以内に使用してください。 4.製品の箱に入っている専用の注射針以外は使用しないでください。 5.本剤に破損等が認められるときは使用しないでください。 6.本剤の先端キャ... 詳細表示

    • No:980
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/12/25 17:18
  • 【アボネックスペン】 どのような薬剤ですか?特徴はありますか?

    (1)遺伝子組換え型インターフェロンベータ(IFNβ)-1a製剤である。 ・天然型ヒトIFNβと同一のアミノ酸配列で、天然型と同様に糖鎖を有する。 ・中和抗体産生率は1~7%と、長期間安定した有効性が期待される(外国人データ)①②③④⑤。 ・ヒト血清アルブミンを含まないため、未知のウイルス等による感染のリスクが低... 詳細表示

    • No:987
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/12/25 17:01
  • 【アボネックス】 重要な基本的注意(定期検査の実施など)の内容は?

    (1)本剤の投与初期においてインフルエンザ様症状(発熱、悪寒、頭痛、筋痛、無力症、疲労、悪心及び嘔吐等)があらわれるので、その旨を患者様にあらかじめ説明してください。投与数時間~数日後にあらわれることもあるので、投与後数日間は慎重に観察するとともに、異常が認められた場合には、解熱消炎鎮痛薬の併用等適切な処置を行っ... 詳細表示

    • No:961
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/12/25 16:37
  • 【アボネックス】 警告の内容は?

    【警告】 1.本剤又は他のインターフェロン製剤の投与によりうつ病や自殺企図が報告されているので、投与にあたっては、うつ病、自殺企図の症状又は他の精神神経症状があらわれた場合には直ちに医師に連絡するように注意をしてください[「禁忌」、「慎重投与」及び「重大な副作用」の項参照]。 2.間質性肺炎があらわれることがある... 詳細表示

    • No:955
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/09/27 18:28
  • 【アボネックスシリンジ】 薬剤交付時など取り扱いで、注意することはありますか?

    1.本剤は2~8℃の冷蔵庫に保存し、凍結しないでください。 2.包装トレイには遮光性があるが、包装トレイから取り出した後は、光を避けてください。 3.使用時には、包装トレイに入れたまま室温に戻し、7日間以内に使用すること。注射器は使用時に包装トレイから取り出してください。 4.本剤に破損等が認められるときは使用し... 詳細表示

    • No:979
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/12/25 16:58
  • 【アボネックスシリンジ】 どのような薬剤ですか?特徴はありますか?

    (1)遺伝子組換え型インターフェロンベータ(IFNβ)-1a製剤である。 ・天然型ヒトIFNβと同一のアミノ酸配列で、天然型と同様に糖鎖を有する。 ・中和抗体産生率は1~7%と、長期間安定した有効性が期待される(外国人データ)①②③④⑤。 (2)脳MRIで検出される多発性硬化症の病巣の拡大を抑制する①⑥⑦。 ・活... 詳細表示

    • No:986
    • 公開日時:2018/09/21 00:00
    • 更新日時:2018/12/25 16:56

36件中 1 - 10 件を表示