• No : 3155
  • 公開日時 : 2018/07/20 00:00
  • 更新日時 : 2020/09/04 14:43
  • 印刷

【メチコバール・錠・細粒】 簡易懸濁法に関する情報はありますか?

回答

メチコバール錠・細粒を懸濁して投与することは承認された用法ではなく、弊社では懸濁した状態での投与をおすすめしておりません。
メチコバール錠250μg・錠500μg・細粒0.1% はそのままの形でご服用いただくことを前提に承認されているため、懸濁した状態での有効性、安全性は検討していません。
崩壊・懸濁時の安定性データをご用意しておりますので、必要な場合はhhcホットライン(0120-419-497)にお問い合わせください。

 

【更新年月】
2020年7月