hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP
  • No : 3259
  • 公開日時 : 2018/10/09 00:00
  • 更新日時 : 2020/09/14 21:09
  • 印刷

【レンビマ】 重大な副作用の種類と症状は?

【レンビマ】 

重大な副作用の種類と症状は?

カテゴリー : 

回答

高血圧、出血、動脈血栓塞栓症、静脈血栓塞栓症、肝障害、急性胆嚢炎、腎障害、消化管穿孔、瘻孔形成、気胸、可逆性後白質脳症症候群、心障害、手足症候群、感染症、骨髄抑制、低カルシウム血症、創傷治癒遅延、間質性肺疾患が重大な副作用として挙げられます。(引用1)

重大な副作用
1.高血圧 
高血圧(51.7%)、高血圧クリーゼ(頻度不明)等があらわれることがあります。必要に応じて降圧剤の投与を行うなど適切な処置を行ってください。重症、持続性あるいは通常の降圧治療でコントロールできない高血圧があらわれた場合には、減量、休薬又は投与を中止してください。また、高血圧クリーゼがあらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行ってください。 

2.出血(15.5%) 
鼻出血、血尿、喀血、肺出血、消化管出血、脳出血、腫瘍出血等の出血があらわれることがあります。また、甲状腺癌患者において、腫瘍縮小・壊死に伴う頸動脈露出、頸動脈出血、腫瘍出血があらわれることがあります。頸動脈露出部位や皮膚瘻形成部位より大量出血した例が認められており、気管瘻や食道瘻を形成している場合には、喀血や吐血のおそれがあります。重篤な出血があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行ってください。

3.動脈血栓塞栓症(1.9%) 
心筋梗塞、脳血管発作、脾臓梗塞等の動脈血栓塞栓症があらわれることがあります。

4.静脈血栓塞栓症(2.3%) 
肺塞栓症、深部静脈血栓症、網膜静脈血栓症、門脈血栓症等の静脈血栓塞栓症があらわれることがあります。

5.肝障害 
AST、ALT等の上昇を伴う肝障害(17.4%)、アルブミン低下(6.3%)、肝性脳症(2.3%)、肝不全(0.8%)等があらわれることがあります。

6.急性胆嚢炎(0.6%) 
無石胆嚢炎を含む急性胆嚢炎があらわれることがあり、胆嚢穿孔に至った例も報告されています。

7.腎障害 
蛋白尿(28.7%)、腎機能障害(0.8%)、腎不全(0.4%)、ネフローゼ症候群(0.3%)等があらわれることがあります。

8.消化管穿孔、瘻孔形成 気胸 
腸管穿孔(頻度不明)、痔瘻(0.1%)、腸膀胱瘻(0.1%)、気胸(0.3%)等があらわれることがあります。

9.可逆性後白質脳症症候群(0.3%) 
痙攣、頭痛、錯乱、視覚障害、皮質盲等が認められた場合には投与を中止し、血圧のコントロールを含め、適切な処置を行ってください。

10.心障害 
心電図QT延長(5.3%)、駆出率減少(1.7%)、心房細動・粗動(0.5%)、心不全(0.3%)等があらわれることがあります。

11.手足症候群(31.2%)

12.感染症 
気道感染(1.7%)、肺炎(1.5%)、敗血症(0.5%)等があらわれることがあります。

13.骨髄抑制 
血小板減少(18.3%)、白血球減少(8.6%)、好中球減少(8.5%)、リンパ球減少(3.5%)、貧血(3.8%)等があらわれることがあります。感染症、出血傾向等の発現に留意してください。

14.低カルシウム血症(3.1%) 
副甲状腺機能低下症の既往歴がある患者で高発現したことが報告されています。観察を十分に行い、異常が認められた場合には、血清カルシウム濃度を確認し、カルシウム剤やビタミンD製剤の投与等の適切な処置を行ってください。

15.創傷治癒遅延 
治癒不良(0.4%)、創離開(0.1%)があらわれることがある。創傷治癒遅延があらわれた場合には、創傷が治癒するまで本剤の投与を中止すること。

16.間質性肺疾患(頻度不明)
 
 
【引用】

1)レンビマカプセル4mg・10mg 添付文書 2019年12月改訂(第1版) 【使用上の注意】 11.副作用 11.1重大な副作用


【更新年月】
2020年3月

アンケート:ご意見をお聞かせください