hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP
  • No : 1817
  • 公開日時 : 2017/10/25 00:00
  • 更新日時 : 2017/10/26 16:47
  • 印刷

【トラベルミン】 薬効薬理について教えてください。

【トラベルミン】 

薬効薬理について教えてください。
カテゴリー : 

回答

1.興奮鎮静作用(迷路反応を鎮静する)

  健康成人による実験的迷路刺激及び家兎を使った実験的迷路性平衡失調に対し、トラベルミンは著明な迷路反応鎮静作用を示しました。また耳性眩暈(急性発作性眩暈)に使用し、有効性が認められています。(①)

2.興奮抑制作用(嘔吐中枢の興奮を抑える)

  ジフェンヒドラミンは、イヌの実験において、悪心・嘔吐の原因となる嘔吐中枢に作用し、その興奮を抑制する作用を有することが認められています。(②)

(参考)

・トラベルミン配合錠 添付文書 20156月改訂(第9版) 【薬効薬理】

・トラベルミン注 添付文書 200811月改訂(第5版) 【薬効薬理】

 

 

 

 

 

文献請求番号

渡辺勇ら:

耳鼻咽喉科,

25,

1

(1953)

T-0001

久本一与:

岡山医学会雑誌,

65,

145

(1953)

T-0002

 

【図表あり】

アンケート:ご意見をお聞かせください