hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • 医療用医薬品一覧 >  > レンビマ > 【レンビマ・肝細胞癌】 副作用として報告されているAST増加、ALT増加などの肝障害(肝性脳症を除く)が起きた場合...
PAGE TOP
  • No : 15611
  • 公開日時 : 2020/07/22 19:10
  • 更新日時 : 2020/09/29 09:31
  • 印刷

【レンビマ・肝細胞癌】 副作用として報告されているAST増加、ALT増加などの肝障害(肝性脳症を除く)が起きた場合の対処方法は?

【レンビマ・肝細胞癌】 
 
副作用として報告されているAST増加、ALT増加などの肝障害(肝性脳症を除く)が起きた場合の対処方法は?
カテゴリー : 

回答

肝障害が認められた場合は症状に応じて、減量、休薬又は中止等の適切な処置を行ってください。また、必要に応じて、専門医へご相談ください。(引用1)
※減量、休薬又は中止基準については、「 【レンビマ・肝細胞癌】 副作用発現時の休薬、減量及び中止基準について教えてください。 」をご参照ください。
 
国際共同第III相試験における肝障害の休薬・減量・中止の基準は下記でした。(引用1)
忍容できるGrade2が認められた場合は、投与を継続
忍容できないGrade2*又はGrade3が認められた場合は、軽快後に1段階減量して再開(ALT、AST又はγ-GTPが施設基準値の10倍未満の場合、医師が適切と判断すれば投与継続を可能とする)
Grade4が認められた場合は、治療を中止
*Grade3には該当しないが、医師・患者が減量・休薬を必要と判断した場合
 
【関連情報】 
国際共同第III相試験のレンバチニブ投与群において、因果関係が否定できない死亡例として肝不全が報告されています。
AST(GOT)、ALT(GPT)、アルブミン、ビリルビン等の上昇を伴う肝障害があらわれることがあるので、本剤の投与期間中は定期的に肝機能検査を行う等、患者様の状態を十分に観察してください。異常が認められた場合には、減量、休薬又は中止等の適切な処置を行ってください。また、必要に応じて、専門医へご相談ください。(引用1)
 
症例概要   
 
レンバチニブ投与後14日後に尿試験紙3+が認められ、定量検査にて尿蛋白6.9g/日確認後、肝機能障害Grade3が認められレンバチニブを休薬。蛋白尿は早期に回復したが、肝機能障害の回復までに時間を要したため、レンバチニブの投与を中止した。(引用1)
 
 
【引用】
1) 【肝細胞癌】レンビマカプセル4mg適正にご使用いただくためのガイドブック II.注意いただきたい副作用とその対策 p30-32 (LEN1087CSG)
 
【更新年月】
2020年3月
 
【図表あり】

アンケート:ご意見をお聞かせください