hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • 医療用医薬品一覧 >  > アリセプト > 【アリセプト】 アリセプトの中枢神経及び末梢神経に対する選択性について教えてください。(アリセプトのすべて Q22...
PAGE TOP
  • No : 1186
  • 公開日時 : 2016/11/15 00:00
  • 更新日時 : 2017/10/12 09:27
  • 印刷

【アリセプト】 アリセプトの中枢神経及び末梢神経に対する選択性について教えてください。(アリセプトのすべて Q22 P35)

回答

アリセプトは中枢神経に強力かつ選択的に活性を示します。

アリセプトの中枢神経及び末梢神経への選択性を検討するため、大脳皮質のアセチルコリン(ACh)を上昇させる最小有効量と、筋線維束収縮を誘発する最小有効量を評価しました。筋線維束収縮とは、神経終末から放出されたAChの分解が抑制された際に、骨格筋の全般的興奮が惹起されて発現する末梢神経症状で、コリンエステラーゼ阻害剤が示す主な作用のひとつです。

評価の結果、アリセプトはラット大脳皮質において細胞外ACh濃度を強力に上昇させることが確認されました。また筋線維束収縮誘発作用とACh上昇作用への各々の最小有効量の比率(≦1)から、アリセプトは中枢コリン作動性神経系に高い選択性を有することが示されました。

 

 

方  法:
ラット大脳皮質におけるACh濃度を微小透析を用いて評価し、末梢性コリン作動性神経系の賦活化指標として、筋線維束収縮を観察した。

1)Kosasa, T. et al.:Jpn. J. Pharmacol., 81, 216-22(1999)

※1 タクリン
本邦未発売。海外商品名Cognex。1993年に世界(米国)で初めてアルツハイマー型痴呆(認知症)で適応を取得したコリンエステラーゼ阻害剤。肝と関連する臨床検査値異常の発現頻度が他のコリンエステラーゼ阻害剤に比べて高いため、その使用に際しては定期的な臨床検査を施行する必要がある。

(厚生科学研究班編/医療・GL(03年)/ガイドラインより)

※2 TAK-147
エーザイ(株)が合成したアセチルコリンエステラーゼ阻害作用を有する化合物。
3-[l-(phenylmethyl)piperidin-4-yl]-1-(2,3,4,5-tetrahydro-lH-benzazepin-8-yl)-l-propanone fumarate

アリセプトのすべて ART1060FKE Q22 P35
更新年月:2016年11月

【図表あり】

アンケート:ご意見をお聞かせください