hhcホットライン (平日9時~18時 土日・祝日9時~17時)
フリーダイヤル0120-419-497
Eisai hhc hotline Product Q&A
キーワードまたは文章で検索できます(200文字以内)
Q&A検索
キーワードの間に半角スペースを入れるとAND検索になります。
キーワードの間に"|"を入れるとOR検索になります。
キーワードの間に" -"を入れるとハイフンの後ろのキーワードを除外して検索します。
Drug Information
使用期限検索
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
PAGE TOP

『 プロハンス 』 内のQ&A

37件中 31 - 37 件を表示

4 / 4ページ
  • 【プロハンス】 警告の内容とその理由は?

    1.本剤を脳・脊髄腔内に投与すると重篤な副作用が発現するおそれがあるので、脳・脊髄腔内には投与しないでください。 2.重篤な腎障害のある患者では、ガドリニウム造影剤による腎性全身性線維症の発現のリスクが上昇することが報告されているので、腎障害のある患者又は腎機能が低下しているおそれのある患者では、十分留意し... 詳細表示

    • No:891
    • 公開日時:2018/07/26 00:00
    • 更新日時:2018/07/26 16:22
  • 【プロハンス】 半減期、排泄など薬物動態について教えてください。

    健康成人男子に本剤0.1、0.2、0.4注)、0.5注)、0.6注)mL/kg(0.05、0.1、0.2、0.25、0.3mmol/kg)を静脈内投与したところ、血中からの消失半減期は1.09~1.66時間で、投与後24時間以内に84.8~106.8%が尿中に排泄されました。(①②) 注)0.4、0.5、0.6... 詳細表示

    • No:777
    • 公開日時:2018/07/20 00:00
    • 更新日時:2019/01/07 16:17
  • 【プロハンス】 禁忌内容とその理由を教えてください。

    【禁忌】 1)本剤投与により重篤な副作用がみられた患者 <解説>本剤投与による重篤な副作用の既往のある患者には再投与しないのが原則です。本剤では、初回投与時に副作用がみられた患者を「原則禁忌」としていますが、重篤な副作用がみられた場合は一切禁忌です。 2)本剤の成分又はガドリニウム造影剤に対し過敏症... 詳細表示

    • No:1355
    • 公開日時:2017/09/27 00:00
    • 更新日時:2020/01/06 16:06
  • 【プロハンス】 投与時や調製時などで、注意することはありますか?

    (1)投与経路 脳・脊髄腔内投与は行わないでください。 (2)投与時 1)静脈内投与により血管痛があらわれることがあります。 2)誤って血管外に造影剤が漏出した場合には、発赤、腫脹、水疱、疼痛等があらわれることがあるので、注入時に十分注意してください。 (3)開封後 1回の検査にのみ使用し、余... 詳細表示

    • No:775
    • 公開日時:2018/07/20 00:00
    • 更新日時:2019/01/07 16:14
  • 【プロハンス】 作用機序は?

    作用部位:生体内成分(水分)中の水素原子核(プロトン) 作用機序:ガドリニウムイオンは常磁性を示し、磁気共鳴現象において水素原子核(プロトン)の緩和を促進し、緩和時間を短縮する能力をもちます。 本剤は常磁性金属ガドリニウムイオンのキレート化合物であり、MRI撮像において縦緩和時間(T1)を短縮することによ... 詳細表示

    • No:787
    • 公開日時:2018/07/23 00:00
    • 更新日時:2018/07/23 11:02
  • 【プロハンス】 用法・用量(投与量、投与タイミングなど)について教えてください。

    通常、成人には本剤0.2mL/kgを静脈内注射してください。腎臓を対象とする場合には0.1mL/kgを静脈内注射してください。 なお、転移性脳腫瘍が疑われる患者において0.2mL/kg初回投与後、腫瘍が検出されないか、または検出されても造影効果が不十分であった場合には、初回投与後30分以内に0.2mL/kgを追... 詳細表示

    • No:765
    • 公開日時:2018/07/20 00:00
    • 更新日時:2019/01/07 16:10
  • 【プロハンス】 どのような薬剤ですか?特徴はありますか?

    (1)ガドテリドールは、緩和時間短縮作用を有する常磁性金属ガドリニウムイオンのキレート化合物です。 (2)本剤は、マクロ環構造を有する非イオン性ガドリニウムMRI用造影剤です。 (3)本剤は、非イオン性で浸透圧比が2.2と低浸透圧化が図られた水溶性注射剤です。 (4)本剤は、1.3mPa・s(3... 詳細表示

    • No:807
    • 公開日時:2018/07/23 00:00
    • 更新日時:2019/01/07 16:08

37件中 31 - 37 件を表示